ワキガの根本的な原因は自分自身の体質と言われています。
ちゃんと対処をすればワキガを防ぐ事ができます。
脇には「アポクリン腺」「エクリン腺」の2種類の汗腺と皮脂腺があります。
ワキガの臭いの原因は「アポクリン腺」という汗腺から出る汗です。
その汗が臭うのではなく、汗が肌表面の細菌に分解されることで臭いが出るのです。
強い臭いが放たれる時は「アポクリン腺」の汗に「エクリン腺」の汗や皮脂腺から出た物質が混ざることで強烈な臭いが出ます。
ワキガの臭いを作りやすいのが「アポクリン腺」が出す汗の量が多い体質です。
「アポクリン腺」が多ければ多い程、出る汗の量も増えるので臭いを作りやすい原因になります。
また、食事、運動、ストレスなど生活習慣が不規則であると、強い臭いが作られます。
また、体質の他にワキガに影響を及ぼす原因があります。
それは「脂の取り過ぎの食生活」。
脂物の取り過ぎで「アポクリン腺」や皮脂腺を刺激して、出る汗を増やしているからです。
次に「ストレスを抱えてる」。
ストレスがあると「アポクリン腺」から汗が出やすくなるからです。
次に「太り気味である」。
太り気味の人は汗をたくさんかきやすいからです。
最後に「脇毛の処理を怠る」。
毛が生えていると汗が蒸発しにくく、蒸れがちになるからです。
ワキガの原因が更に気になった方はこちらも参考にしてください。⇒ワキガ 原因

関連記事


    すそわきがと言う物は家族や友人にも聞くことができませんし、恋人や配偶者であっても口にしにくい問題になります。 なので自分がすそわきがではないかと疑う方は多く、深刻な悩みになる傾向が見られます。 しかし…